夏や冬の住まい方の注意点

夏の注意点

断熱性能の優れた家は、冬の暖房の熱を外に逃がさず、夏の熱気を室内に侵入させません。

しかし、その優れた断熱力は室内で発生した熱を外に逃さないので、夏季の待機電力による発生熱や、締め切りにした家に蓄積する太陽熱を保存してしまうことになります。

夏季の日中は自然換気によって熱気を蓄積させない工夫が必要です。

弊社では、夏の熱気を抜くための自然換気流のルートを設計しております。

詳しく知りたい場合は、お問い合わせもしくはお電話ください。

冬の注意点

高い断熱力を気密性能は冬において、暖房の熱も、加湿した貴重な水蒸気も外に逃がず、すばらしい省エネルギー性能を発揮します。

この性能は暖房や加湿を補助する性能ですから、暖房や過失をしなければ機能しないわけです。

長期間の旅行で家を留守にしたり、別荘のように無人の状態が長く続く場合は、その断熱力のせいで室内が屋外よりもずっと低温になってしまいます。

大抵の場合、家を留守にするときは、カーテンを閉めきって出かけますから太陽の熱も内部に取り込むことができないので、寒冷地では室内が氷点下になっていることもしばしばです。

低温の状態が長く続くことで結露し、カビ臭くなっていきます。

それを防ぐために常住する住宅でもできれば冬はカーテンを開いて太陽光を上手に利用すべきです。

暖房の手助けになるだけでなく、結露を防ぎ、カビの発生も防いでくれます。室内を低温にすることが結露やカビの原因になるのです。

0749-37-2368

営業時間:9:00~18:00 不定休