喘息などの原因の一つ ハウスダスト

小児喘息という病気は、とてもつらいですね。

親も子もつらい病気です。

 

病院に行って小児喘息の診察を受けると、いくつかの原因の中に、

ハウスダスト(住宅の空気中に含まれる浮遊粉塵、ホコリ、カビの胞子、ダニの死骸や糞、花粉等)

が指摘されるようになってきました。

気密のあまり高くない住宅や、壁と天井裏の取り合い部分や壁と床の取り合い部分に、通気止めなどの処置をしていない住宅では、換気扇によって突然増加する隙間風が、小屋裏や天井裏、壁内に蓄積したホコリ、ダニの死骸や糞、カビの胞子などのアレルゲンを舞い上げ、ダウンライトや隙間、

コンセントのプラグを差し込む穴などから、ハウスダストを室内に噴出させます。

 

皮肉なことに、換気扇が稼働しているときの方が、浮遊粉塵によって空気が汚染されていたのです。

解決策は…

とても簡単です。

換気扇を使用するときは、必ず窓を開きましょう。

窓を開くことで、給気経路を広く取れますから、住宅は減圧されず、スムーズな排気が行われます。

簡単な対処法をお教えしましたが、もっと詳しく知りたい場合はお電話いただくか、

お問い合わせください!

お問い合わせ
0749-37-2368

営業時間:9:00~18:00 不定休